文字サイズ

文化・教育


finland

 1世紀頃フィンランド人が北の地に定住しました。その後12世紀の中ごろまで、今日フィンランドと呼ばれている地域では政治的な真空状態にありましたが、 1323年にスウェーデンの支配下に入ります。1809年、今度はロシアがフィンランドに対する影響力を強め、スウェーデンとの戦争で、フィンランドを占領しました。ロシアからの支配の後、1917年ようやくフィンランドはロシアより独立し、フィンランド共和国が成立しました。独立して共和国となったフィンランドは1920年代以降、飛躍的に発展します。1955年に国連に加盟、1986年EFTA(欧州自由貿易連合)に加盟し、1995年からはEU(欧州連合)に加盟しています。

<文化>

 フィンランドの文化といえば、民族叙事詩「カレワラ」は多くの芸術家のインスピレーションの源泉となっています。作曲家ジャン・シベリウス、建築家アルヴァル・アールト、ムーミンの作者トーヴェ・ヤンソンなど世界的に知られています。近年映画監督アキ・カウリスマキの作品が人気を集め、現代音楽、メディア・アート、デザインの若手アーティストが注目されています。

<教育>

 フィンランドの教育は2000年のOECD学力調査の結果から一躍注目を集めました。90年代の教育改革で、自治体や学校に権限を委譲したことが功を奏したと言われています。2009年のOECD学力調査では、フィンランドは総合読解力3位、数学リテラシー6位、科学的リテラシー2位と変わらず好成績を収めています。

<その他>

 1906年フィンランドの女性は、ヨーロッパで初めて普通平等選挙権を獲得し、世界で初めて議会選挙に立候補できるようになり、完全な政治的権利を獲得しました。2000年に行われた大統領選挙では、タルア・ハロネン大統領が選出され、フィンランド史上初めての女性大統領が誕生しました。 2012年3月からはサウリ・ニニスト大統領(男性)が就任しています。