文字サイズ

北欧の幸福先進国・フィンランドから、
日本にはない独特の、強くやさしい家を提供します

<仙台フィンランド健康福祉センタープロジェクト 活動事例紹介>

 7月より新たにプロジェクトルームに株式会社ホンカ・ジャパン様が入居されました。今回は、セールス&マーケティングマネージャーとして活躍される高橋 一徳 様にインタビューさせていただきました。


 

ホンカ・ジャパンについて教えてください。
高橋 ホンカ・ジャパンは、フィンランドに本社を置くホンカラケンネ社の100%海外子会社で1991年に設立しました。日本では北海道から九州まで販売のネットワークを持っており、フィンランドの高級天然木材を活かした、本物の木の家(ログハウス)を提供しています。
なぜ今回、仙台(東北)に事業所を構えたのですか。
高橋 現在、東北エリアにHONKAのオーナー様はいらっしゃいますが、パートナー企業がいないためネットワークが行き届いていないと感じておりました。仙台に事業所を構えることで、東北エリアでの販売網の構築や既存のオーナー様へのアフターフォローも迅速に行うことができ、東北のお客様へより良いサービスをご提供していきたいと考えております。 また、今回の震災を受け、耐震性の高いログハウスに対して、多くの問い合わせをいただいている点も要因の一つです。
仙台(東北)での目標を教えてください。
高橋 第一に東北の方々への社会貢献をしたいと考えております。 また、多くの人と出会い、東北のマーケットを把握したうえで、パートナー企業を見つけていきたいです。 既存のオーナー様からの満足度が非常に高く、今後もそういった商品・サービスを提供していきます。
 
御社の強みを教えてください。
高橋 当社は世界50国以上で8万棟の建築実績があるNo.1のログハウスメーカーです。グローバルなハウスメーカーはHONKAだけだと自負しております。 日本の気候以外でも様々な地域での建築実績があり、それらの経験を蓄積して商品開発に役立て、より質の高い商品・サービスの提供を行っています。すでに日本国内での販売実績は4000棟を超えており、上質な住環境を日本のお客様へご提案させていただいております。  
住宅としても建てられるのでしょうか?
高橋 もちろんです。ログハウス=別荘というイメージがありますが、ホンカでの実に約7割が住宅用途として建築しております。また商業施設の建築も需要が増えており、ホテル・レストラン・ショップ・店舗併用住宅、近年では大型医療施設も国内で2棟の建築も行いました。これから東北のお客様へHONKAが住宅として、一つの選択肢になっていただけるように仙台を拠点に活動をしていきたいと思っています。  
長野県松本市にある小児科医院
 研究開発館に期待することはなんですか?
 高橋  多くの人たちとの出会いのパイプ役になっていただければと考えております。
また、我々の商品を理解していただき、効果的な情報発信を期待いたします。
ホームページを見ている方々にメッセージをお願いします。 
 高橋  東北にはオーナー様のご自宅はあっても見せるものがない状態でした。
今後は見て触れて実感してもらう機会を作っていきます。
-高橋様、インタビューにご協力頂き、ありがとうございました 

高橋 一徳 氏
株式会社ホンカ・ジャパン セールス&マーケティングマネージャー

所在地:仙台市青葉区水の森3-24-1仙台フィンランド健康福祉センター研究開発館 プロジェクトルーム2-2

本社所在地:東京都港区北青山1-2-7 コウヅキキャピタルイースト4F

電話:03-3479-4169 

ホームページ:http://www.honka.co.jp/


その他

twitterでも随時情報提供を行っておりますので、ぜひご活用ください。