文字サイズ

第28回Wellbeing研究会「震災復興支援、ICTを活用した見守りセミナー~現場の状況からみた支援の在り方を探る~」の開催について


高齢社会の進展による独居老人の増加と、東日本大震災からの復興に伴い、ますます需要と緊急性が高まっている
“見守り”の仕組み作りは、これからの高齢社会で一人一人に安心を提供する大事なテーマとなります。
そこで今回は「震災復興支援、ICTを活用した見守りセミナー~現場の状況からみた支援の在り方を探る~」
というテーマで開催いたします。
事例報告として、被災地岩手県沿岸部での取り組みの紹介やどのような視点でICTを利用すべきかを講演していただきます。
また、仮設住宅自治会での見守りの実情報告や見守り製品・サービスを開発・販売している企業からの発表を予定しております。
健康福祉サービス・機器を開発・提供される事業者様、あるいは見守り事業を企画・支援されているNPO、NGO、自治体関係者様が、今後の事業を推進する上で参考になる機会となれば幸いです。
見守りサービスの利用を検討されている施設の方、個人の方のご参加も歓迎いたします。
多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

また、当日はUstreamでの動画配信を予定しておりますので、会場までご来場いただけない方は下記よりご覧ください。
Ustream配信はこちら(クリックするとUstreamのサイトに移動します)


演題 「震災復興支援、ICTを活用した見守りセミナー
 ~現場の状況からみた支援の在り方を探る~」

日時

平成24年12月17日(月)15:00-18:00
※終了後、講師を囲んで懇親会(参加費500円)を開催する予定です

場所

仙台フィンランド健康福祉センター研究開発館 カンファレンスルーム

※当センター(および周辺)には十分な駐車場がございませんので、公共交通機関等によりご来館くださるようお願いいたします。

主催・共済 主催:仙台フィンランド健康福祉センター(公益財団法人仙台市産業振興事業団)
共催:岩手県立大学地域政策研究センター 
    特定非営利活動法人日本遠隔医療協会

演者

 
「被災地支援としての見守りの実践-岩手県沿岸部での取り組みから-」
岩手県立大学 地域連携本部副本部長・社会福祉学部教授 小川 晃子 氏

<小川氏プロフィール紹介>  
1954年島根で生まれ、広島で育つ。
東京の民間シンクタンクで研究員業務に就きながら1994年日本社会事業大学社会 福祉学研究科修士課程修了。
1998年に開学した岩手県立大学社会福祉学部の講師に転職。
2006年博士(心理学)取得。
2007年Lモードを活用した安否確認システムで日経地域情報化大賞の日本経済新 聞社賞を受賞(共同)。
2008年教授、2010年地域連携本部副本部長(兼務)。
専門領域は地域福祉・福祉情報。 日本福祉介護情報学会副代表理事・日本遠隔医療学会会員。
主著「高齢者へのICT支援学」川島書店(2006年)。

「見守りにICTを活用するための視点」
特定非営利活動法人日本遠隔医療協会理事長、岩手県立大学客員教授 長谷川 高志 氏

<長谷川氏プロフィール紹介>
慶應義塾大学大学院工学研究科修了、コンピュータサイエンスを研究
セコム株式会社IS研究所で、セキュリティネットワーク、医療ICT、遠隔医療を研究
2004年より東北大学先進医工学研究機構
2006年より国際医療福祉大学大学院
2010年より群馬大学医学部附属病院医療情報部
2011年より岩手県立大学客員教授 日本医療マネジメント学会評議員 日本遠隔医療学会理事、運営委員 厚生労働科学補助金研究「遠隔医療研究班」事務局
2012年よりNPO法人日本遠隔医療協会理事長
 

事例発表

 
見守りに取り組む事業事例紹介(一社15分ほど)  

*仮設住宅に於ける見守り実態(仮題)  あすと長町自治会  
*きずな見守りネットワーク事業      株式会社イメージワン
*トイレのドアに着目した在宅高齢者の見守り~見守りAn・pi君のご紹介~  
                          株式会社エー・エス・ブレインズ
*こころコンパス事業について
  ~メンタルヘルス領域におけるライフログセンシングの可能性~        
                          スマートメディカル東北株式会社
*ふれあいコールによる地域コミュニティーの形成     株式会社東北レイス  

定員

60名(定員に達し次第、締め切ります。)

参加費

無料

申込

ご所属、お名前、ご連絡先(メールアドレス等)、懇親会への出席の可否をご記入のうえ、メールまたはファックスにてお申し込み下さい。

お申込み
お問合せ先

研究開発館までお願いいたします。
担当:望月、畠山

その他

twitterでも随時情報提供を行っておりますので、ぜひご活用ください。