文字サイズ

「第40回国際福祉機器展H.C.R.2013」出展企業製品紹介


公益財団法人仙台市産業振興事業団(仙台フィンランド健康福祉センター研究開発館)では、9月18日から20日に
かけて東京ビッグサイトで開催される「第40回国際福祉機器展H.C.R.2013」に出展します。
本年度は、年々必要性が高まっているコミュニケーション・見守り機器にフォーカスして展示いたします。
以下では出展製品をご紹介しています。

【製品概要】では製品名と開発企業名(クリックすると企業のホームページを見ることができます)、どのような製品かをご紹介しています。
【出展目的】では当展示会の中で、企業が求めるマッチング先や当製品をお勧めしたい事業者様を記載しています。
【製品リーフレット】の画像をクリックすると拡大表示されます。


製品概要


出展目的


製品リーフレット


一人暮らし高齢者の
安否見守りシステム An・pi君

(株)エー・エス・ブレインズ

「一人暮らし高齢者が自宅で倒れて動けない」を知らせる安価な安否見守りシステムです。在宅・外出も全自動で判断するのでご本人に余計な手間をかけません。更に、お風呂やトイレで倒れたら数分で通報する新製品「急変見守り」機器もご用意しました。 集合住宅向けでも、電話回線が1回線あれば1棟全部屋の見守りが出来ます。通報方法はメール、電話等4種類から選択が可能です。

・求めるマッチング先:
 販売代理店

・お勧めしたい事業者様:
 ①サービス付高齢者住宅事業者様②高齢者介護事業者様③孤独死を防ぎたい事業者様





介護業務支援システム
「ケア樹」

株式会社グッド・ツリー

iPadを利用し利用者と介援スタッフのコミュニケーションに活用でき、従来の設備は必要せずクラウドを利用したモバイル介護業務支援総合サービスです。情報の共有化で介護の現場スタッフのコミュニケーションが図れます。特徴は、簡単(iPad対応)・安心・低価格(通所介護1,800円/月~*5年目)です。

・求めるマッチング先:
 東日本の介護事業者等


・お勧めしたい事業者様:
 サービス付高齢者住宅事業者様+通所介護事業者様

「ケア樹」
プロモーションビデオ

(youtubeにリンク)


やさしく見守る支援システム
「とうめい(尊命)人間」

(株)ジェー・シー・アイ

高齢者の自由な生活を見守るサポートシステムです。
入院・入所者の「無断離院」や「無断外出」に対する安全管理対策として、ICタグ(アクティブ・パッシブ)装着者を出入り口で検知すると介護者にアラームでお知らせします。無線通信環境により、大掛かりな電気配線工事を必要は不要です。

・求めるマッチング先:
 全国の販売特約店又は販売代理店

・お勧めしたい事業者様:
 認知症グループホーム様又は特別養護老人ホーム様



※展示製品は、公募の上、決定させて頂きました。
rd
昨年の出展の様子

【参考】

当事業団では、過年度においても展示会に出展しております

     

2012年:第39回国際福祉機器展 H.C.R2012

2011年:第38回国際福祉機器展 H.C.R2011

2010年:国際モダンホスピタルショウ2010

2009年:国際モダンホスピタルショウ2009

2008年:国際モダンホスピタルショウ2008