title.jpg (18895 バイト)
      

 ノルディック・ウォーキングの体験会 2005年7月14日

      
 7月14日(木)、仙台市水の森市民センターで『ハッピーシニアライフを考えよう』セミナーの参加者総勢約80名(フィンランドの方4名も参加)が、ヨーロッパ・アメリカで人気のフィンランド生まれのスポーツ「ノルディック・ウォーキング」を体験しました。

 ノルディック・ウォーキングとは、スキーを履かずにストック2本を持って歩くスポーツです。ノルディック・ウォーキングは、もともとフィンランドでクロスカントリースキーヤーの夏場のトレーニングとして行われていましたが、90年代後半に健康増進に非常に効果的なスポーツであるとして,フィンランドの国を挙げて一般の人たちへ推奨されました。ノルディック・ウォーキングのメリットは、上半身も使うため通常のウォーキングに比べ,同じ速度で歩いても約20%程エネルギー消費量が多くなること,更にストックを後ろに押し出して歩くことによって、足・膝・腰への負担が軽減され安全にウォーキングを行うことができます。その他にも股関節の稼動域が広がる、首・肩こりが楽になるなどの効果もあります。

 実際に水の森公園を歩いた参加者からは、「思っていたよりずっと楽に上り坂を歩くことができた。」「歩幅が自然と広がってスイスイと前に進む感じがする」「楽に歩けるのでウォーキングするのが楽しくなりそう。」などの声が聞かれました。

  pic.1.jpg (5702 バイト)会場の水の森市民センター
すぐ裏が水の森公園です。

pic.2.jpg (6854 バイト) スタート前のストレッチング
痛たた・・・ 久しぶりの運動です。

pic.3.jpg (3911 バイト)
登り坂もスイスイ

ノルディック・ウォーキングの詳しい内容については,東北福祉大学の藤田先生による『ノルディック・ウォーキングのすすめ』をご覧ください。

 

 
 

Copyright (C) 2005 SENDAI-FINLAND Wellbeing Center All Rights Reserved