文字サイズ

認知症対応型共同生活介護
「グループホームエムズ赤坂」平成29年4月1日 仙台市青葉区赤坂に新規OPEN!

<仙台フィンランド健康福祉センタープロジェクト 活動事例紹介>

   

 平成29年3月より新たにプロジェクトルームに株式会社エムズ様が入居されました。
 今回は、代表取締役の森本 浩史 様にインタビューさせていただきました。


株式会社エムズについて教えてください。

森本

株式会社エムズはグループホーム、デイサービス及びケアプランセンター等の高齢者施設の運営を行っております。今後も増加が予測される高齢者について、健康で安心して住み慣れた地域で生活する事が出来る様に取組みをしております。


今回、どうしてプロジェクトルームに本社機能を移転したのですか。

森本

海外の情報や福祉産業の今後の展開、ITの活用等、先進的な取組みに携わり、セミナーや勉強会、研修会等、業界内の話は勿論、業界外の情報を収集したいと考えており、介護、高齢者支援だけでは無く、多くの色々な方と知り合い、事業に生かせる事を考え本社機能を移転致しました。


現在、実施している業務概要を教えてください。

森本

高齢者施設の運営において、サービスを必要としている方やそのご家族の「経済面」、「日常生活」及び「医療面や精神面な不安」でお困りの方の課題解決とサポートをする事が出来る様に取組みをしております。また、介護職員の質の向上を目指し研修会を企画、運営を行ったり、地域において認知症の正しい理解を推進するために認知症のサポーター養成講座を開催したりしています。

認知症対応型共同生活介護「グループホームエムズ赤坂」の特長を教えてください。

森本

認知症対応型共同生活介護「グループホームエムズ赤坂」は、三つの特長があります。「畑を活用した園芸療法」、「機能訓練の特化」及び「医療連携の強化」になります。その中で、物づくりを社会参加に繋げる活動を行っております。
グループホームや各施設においてアートセラピー、音楽療法、作業療法(もの作り)及び園芸療法等の様々な活動に取組み、それぞれの活動を通じて、成果物が出来て、達成感を得る事が出来ます。そして、活動を社会参加へ繋げる事で活動の効果が高まると考えております。
例えば、アートセラピーの作品展覧会への出品、音楽療法の成果を発表会にて披露したり、自分で作った編み物や小物をプレゼントしたり、販売する事等です。作品展覧会・発表会・販売等が目標になり活動意欲が高まります。そして、活動を通じた他者との交流が、褒め・認められる機会となり、更に活動意欲が高まる事に繫がります。
高齢期を豊かに過ごすためのポイントとして生産的高齢者の考えが重要です。また、楽しく頭を使う趣味活動が認知症の予防や進行防止に特に有効です。認知症になっても、残存機能を活用し、生産活動を介して主体的に他者と関わる事が脳の活性化に繫がると考え運営をしております。


事業創成国際館に期待する事は何ですか。

森本

事業創成国際館に求める支援内容については、ネットワークの構築です。介護業界のみならず、強力なビジネスパートナーや研究者との出会い、多くの方との出会いの橋渡しを期待します。これからの介護について、我々の事業の取組みをご理解いただき、効果的な情報発信が出来るものと考えております。どうぞ宜しく宜しくお願い致します。


森本様、インタビューにご協力いただき、ありがとうございました。




森本 浩史 氏
株式会社エムズ 代表取締役

会社所在地:仙台市青葉区水の森3-24-1
      仙台フィンランド健康福祉センター事業創成国際館
      プロジェクトルーム3
電話番号:022-725-3763
ファックス:022-725-3764
ホームページ:http://www.ms-co-ltd.com/index.html